ブランクがあっても大丈夫?介護職の復職

結婚や出産などで育児、家事に専念するためそれまでやっていた仕事を辞めるというケースがあるが、育児が落ち着いて生活に余裕ができた時に、再び仕事を再開する人も少なくはない。介護職を経験している人が復職した場合、経験者を優遇するあまり、ブランクがあってかつての仕事の勘が戻っていないのに、色々と仕事を押し付けられることがある。

介護業界は慢性的な人手不足なので経験者は優遇されてしまい、仕事を休んでいる期間があっても即戦力になると思われてしまいがちである。すぐにいろいろな仕事を任せてしまうケースがあるので、仕事の空白期間があることを配慮してくれる職場であるかどうかを選ぶことが大事だ。そしていくら育児がひと段落しても、家事や育児は続くことには変化がないので、仕事と家庭を無理なく両立させてくれる職場を選ぶことが重要である。

最近では家庭を持ってから復職する人のことも考えて、残業をしない、無理にいくつもの仕事を押し付けないという介護職も増えているので、そのような自分の環境を事前に面接の際に言うことが大切だ。働く人が家庭を持っていることを配慮しないで、過酷な労働条件を強いるブラック系の介護の職場もあるので、面接前にその職場がどのような環境であるのかを考察することが重要である。そのような情報を得るには、介護職に特化した人材派遣会社に登録することもおすすめだ。派遣会社もひとつではなく複数の会社に登録しておけば、自分の希望に見合った職を見つけられる可能性よりも高くなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です