介護職に復職する際の勤務先の候補選び

以前に介護の仕事で勤めている経験があれば、多少はブランクがあったとしても仕事の経験を活かし、再び介護の仕事で活躍できる。介護業界では人材不足が大きな課題となっていて、スタッフを探している施設は各地に多いことから、多少はブランクがあったとしても復職できるチャンスがある。

ただしブランクを乗り越えて復職するためには、まず勤務先を探さなければならない第一のハードルが存在する。例えば復職先の候補となるのは、以前に勤めた経験のある介護施設である。もし勤務先に介護スタッフの空きがあれば、再び同じ職場へと復帰できすることも可能である。かつて勤めていた介護施設の職場であれば、すでに仕事の流れはおおよそ理解しているため、介護職への復帰もスムーズである。さらに職場で勤務している介護職員もメンバーは同じ顔ぶれである場合が多く、新たな人間関係の構築に苦労することはない。

しかしながら、都合よく以前勤めていた職場で介護スタッフの求人があるとは限らない。例えば他の就職先の候補として、自宅から近い介護施設から候補を探す方法が手堅い。自宅に近い勤務先の方が通勤に有利であり、また職場に知り合いが勤めている可能性も考えられる。近年では高齢者向けの介護施設が増えているため、介護スタッフとして仕事ができる職場は増えつつある。改めて自宅周辺を探してみれば、意外と近い場所に介護の仕事へと復帰できるような職場が見つかる可能性は高い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です